テラヘルツとは?

BEYOND THE BODY

テラヘルツ温熱療法

聞き慣れない言葉ではありますが、携帯電話の1000倍の電磁波(振動数)を出す波動を出していると言われ、 超赤外線として、最近医学、美容の方面でも注目され始めています。
その一方で目に見えるものではないので、なかなか信じられないものでもあります。

ひとは”冷え”を嫌います。

冷えや体の中のエネルギーの循環の滞りが、肩こり・腰痛・頭痛・慢性疲労の原因とも言われています。
からだを温めるものとして、温泉、赤外線療法などが知られていますが、これらよりも、もう一つ深い体の深部まで熱を効率よく伝えるのが、テラヘルツです。DNA細胞までとも言われています。

すると、代表的免疫細胞である、NK細胞T細胞の数が爆発的に増加し、外敵を攻撃し、様々な症状が改善します。
一秒間に1兆回振動する光線に、45度から60度の熱をテラヘルツのプレートから発射し、体内の深部に 運ぶ聴診部温熱免疫療法です。
その熱と振動により代表的免疫細胞である NK細胞T細胞の数が増え、体が本来持つ抵抗力・免疫力・自然治癒力を高め、様々な体調不良を改善すると言われる新しい画期的な温熱療法です。
しかも即効性があり、副作用が無い治療と言われています。

テラヘルツ波の効果とは?(Shima 量子学医学研究所より)
 詳しくはこちら